世界で一番,寝心地の良いハンモックならこちら!

ハンモックショップ

メキシコからやって来た本物のハンモックに寝てみませんか?

ハンモックの送料無料!!


キャンピング用の網目の粗いハンモックとはまるで違う、本物のハンモックです。
メキシコのユカタン半島で編まれている、ハンモックの事をマヤンハンモックと呼ばれています


ベット部分は肌触りの良いコットンで編まれ、両サイドの輪や引っ張る糸は丈夫なナイロンを使っています。

メキシコのハンモックは他のハンモックと比べ、美しい色合いで、
通気性が有り爽やか、長さがあるのでのんびり!、綿の糸の網目が小さく、優しく体を包んでくれます

ハンモックチェア 9800円!

木製バーの長さ100cm(横幅)吊るした時の高さ150cm
本体重量 1.5kg前後 120KgまでOK!


各種ございます。こちらからお選び下さいクリック!

http://sariri.a.la9.jp/hamchaircolor.html
ファミリーサイズハンモック 9900円!
 
全長430cm(ベット部 220cm)幅おおよそ220cm
ハンモック重量 1.5kg前後 加重300KgまでOK! !


各種ございます。こちらからお選び下さいクリック!

http://sariri.a.la9.jp/hamfcolor.html
XLサイズハンモック 8600円!

全長410cm(ベット部 210cm)幅おおよそ180cm 
ハンモック重量 1.3kg前後 加重250KgまでOK
!
 

各種ございます。こちらからお選び下さい
リック!
http://sariri.a.la9.jp/hamxlcolor.html
Lサイズハンモック 7400円! 

全長400cm(ベット部 210cm)幅おおよそ160cm
ハンモック重量 1kg前後 加重220KgまでOK!


各種ございます。こちらからお選び下さいクリック!
http://sariri.a.la9.jp/hamlcolor.html
M サイズハンモック 6500円!
 全長390cm(ベット部 190cm)幅おおよそ120cm
 ハンモック重量 0.75kg前後 加重150KgまでOK!


各種ございます。こちらからお選びくださいクリック!
http://sariri.a.la9.jp/hammcolor.html

S サイズハンモック  5200円!

すみません在庫切れです。

370cm(ベット部180cm)幅おおよそ90cm
 ハンモック重量 0.5kg前後  加重100KgまでOK


各種ございます。こちらからお選び下さいクリック!

木製ハンモックスタンドは別売です→

ハンモック、取り付けロープと金具
http://sariri.a.la9.jp/hammockkanagu.html

ご注文フォ-ム
http://form1.fc2.com/form/?id=4254
問い合わせの所にカラー番号をご記入ください

ご注文,お問い合わせは,電話、ファックスでも受け付けています。
お気軽にどうぞ!! ℡、fax共 0167-45-2382 木下まで。
朝9時半から夜10時までOK!!(水/木曜日定休,夜繋がります)
尚メールは下記まで。

sariri@nifty.com  
ご注文の際は色(カラフルの際は番号を)とサイズをご指定ください

ハンモック送料無料!! 代引き手数料350円
〒071-0505
北海道空知郡上富良野町西5線北27号
 ℡&Fax 0167-45-2382
 sariri@nifty.com 
「ハンモックショップ」 担当者 木下智
facebook

振込み先はこちらをご覧下さい

◆返品・交換◆

※万一お届けの品が異なった場合は速やかに交換させていただきます。(お届け後1週間以内にご連絡ください。)
※お客様の都合による返品・交換は未開封・未使用のものに限らせていただきます。商品のお受け取りから7日以内
にご連絡の上、ご返送ください。尚、この場合の諸費用(往復配送料・諸手数料)はお客様ご負担となります

お客様から届いた声のペ-ジです。
http://sariri.a.la9.jp/hammockkoe.html

ハンモックの出来るまで

http://sariri.a.la9.jp/hammockdekirumade.html
ハンモックの取り扱い方
http://sariri.a.la9.jp/hammockchuui.html
ハンモックの乗り方(ビデオ)
https://www.youtube.com/watch?v=no3ldyEUbLI&feature=youtu.be

バリ島で生まれ、パラシュート生地で作られた軽くてコンパクトなハンモックです。お子様にも最適!
パラシュートハンモック詳しくはこちらから
クリック!

すべすべ、サラサラ生地で肌触り最高 !

薄くて軽いナイロンの生地で出来てます。
通気性はありませんが、雨風に強く、丈夫です。
サイズはシングル、

シングルサイズハンモック
4300円 !
全長 285cm(ベット部260cm) 幅150cm 
ハンモック重量470g 耐加重 150kg


  キャンピング用の網目の粗いハンモックとはまるで違います!
 スタンド付きの短い布やナイロン網のハンモックとも違います!
本物のハンモックです。

メキシコのユカタン半島で編まれている、ハンモックの事をマヤンハンモックと呼ばれています。
ハンモックはメキシコの先住民族マヤ族の人達が最初に作ったと、言われています。

当店では15年前からメキシコ,ユカタン半島の町メリダにある最大のハンモックを製造する会社から
ハンモックを取り寄せてハンモックを販売しています。

ベット部分は肌触りの良いコットンで編まれ、両サイドの輪や引っ張る糸は丈夫なナイロンを使っています。

メキシコのハンモックは他のハンモックと比べ、美しい色合いで、一つ一つ手編みで編まれています。
その製法のおかげで色の組み合わせが多彩で日本人のセンスとは一味違うラテンの人独特のセンスが感じられます。

通気性が有り爽やか、長さがあるのでのんびり!、綿の糸の網目が小さく、優しく体を包んでくれます.


ファミリーサイズハンモック 14000円(税込み)→9900円! 
全長430cm(ベット部 220cm)幅おおよそ220cm
ハンモック重量 1.5kg前後 加重300KgまでOK!

 
とにかくビッグ!楽しい!寝心地抜群です。

ファミリーサイズのカラーハンモック、各種ございます。こちらからお選び下さい クリ

ック!  


XLサイズハンモック 11200円8600円! 
(税込みただ今送料無料)
全長410cm(ベット部 210cm)幅おおよそ180cm ハンモック重量 1.3kg前後
 加重250KgまでOK!  お2人でも!!
色はカラフルと、白

 

XLサイズのカラーハンモック、各種ございます。こちらからお選び下さい クリック!

  


Lサイズハンモック 8800円7400円!(税込み)
全長400cm(ベット部 210cm)幅おおよそ160cmハンモック重量 1kg前後 
加重220KgまでOK! ゆったりと!!
色はカラフル. 白
 
L サイズのカラーハンモック、各種ございます。こちらからお選び下さい  クリック!


M サイズハンモック  6900円→6500円!(税込み)
 全長390cm(ベット部 190cm)幅おおよそ120cm ハンモック重量 0.75kg前後
加重150KgまでOK! お手頃、お一人サイズ!

M サイズのカラーハンモック、各種ございます。こちらからお選びください
クリック!


ハンモックの送料ただ今無料!!
代引きの場合、手数料は一律350円

振込み先

振込みの場合、入金が確認出来次第、発送させて頂きます。
下記の銀行の場合、ネットで入金確認が出来ますので、より早くお届け可能です。
みずほ銀行
旭川支店普通口座 1539566
口座名 キノシタ サトシ

楽天銀行 )
支店名 マーチ 支店番号 : 211 口座番号 : 1575200、口座名義 木下智
メールアドレスへの送金(メルマネ)ご利用の際は sariri@nifty.com までお振込み
ください。

ゆうちょ銀行 
ぱるる 記号19750 番号4825801 
口座名 キノシタ サトシ

ジャパンネット銀行
すずめ支店 口座 5270713
口座名 キノシタ サトシ

その他のオプション

いずれの場合でも、送金先をお知らせください。


〒071-0505
北海道空知郡上富良野町西5線北27号
電話とFAX 0167(45)2382
Eメール
 sariri@nifty.com

「ハンモックショップ」 担当者 木下智
「ハンモックショップ」事業内容 ハンモックの販売


当店は北海道上富良野町で「サリ-リ」という実店舗も経営しています。
下記のホ-ムペ-ジはそのお店の事や趣味のフォルクロ-レ演奏の事、旅行記
など多岐にわたるペ-ジです。よろしかったら見てください。

サリ-リホ-ムペ-ジへどうぞ

ハンモックの実体験が出来ます。!

下記です!


アンデスの楽器館ヘ アンデスの織物へ サリーリショップへ メキシコハンモックショップへ バリ島のハンモックへ youtube Twitter facebook   




ハンモックカフェ

 
背中が涼しいメキシカンハンモック!
メキシコのマヤンハンモックは体温の熱がこもりやすい敷ふとんと違い、上を向いて寝た時の背中が涼しいです。特に木綿素材の手編みのハンモックは通気性抜群です。
洗えること
タオルケットやシーツは洗えますが、マットレスや布団はそうそう洗えません。しかしハンモックは洗濯機で洗えます。洗濯ネットに入れ、手洗いコースでお洗いください。半日もかからず乾きます。布団に付着しやすいハウスダストやダニなどに怯える必要もありません。
眠りが深くなる
寝ている時に暑さを感じると冷たい場所を求めて寝返りを打ったりします。布団と体の接地しているところは体の重みがかかるので重さによる痛みが出ると痛みから逃れるために寝返りを打ちます。寝返りを打つことはどうしても睡眠が浅くなることにつながり疲労が抜けにくくなたったり。しかしハンモックは背中に熱がこもらりにくく、緩やかに張られたハンモックに寝ることでは体重を分散させ(体圧分散)寝返りを打つ必要がなくなります。
不眠症の方から「揺れている間にいつの間にか眠れるようになった」という声もあります。ゆらゆらが自然に眠りに誘うのかもしれません。
腰痛持ちの人にもオススメ
腰痛を持っている人は寝るときの姿勢によって痛みが出たりします。妙に沈み込むことでカラダが不自然なカーブを描いてしまい、部分的に痛みが出たりなど。それは布団では体圧分散ができにくいこと、腰にとって負担になりにくい姿勢を布団が作りにくいことによります。結局寝返りを打ったり腰の下に小さな座布団を入れて寝たりすることに。ハンモックは腰だけに負担がかからないので腰痛にも優しいです。

メキシカンハンモック!背中が涼しい
メキシコのマヤンハンモックは体温の熱がこもりやすい敷ふとんと違い、上を向いて寝た時の背中が涼しいです。特に木綿素材の手編みのハンモックは通気性抜群です。
洗えること
タオルケットやシーツは洗えますが、マットレスや布団はそうそう洗えません。しかしハンモックは洗濯機で洗えます。洗濯ネットに入れ、手洗いコースでお洗いください。半日もかからず乾きます。布団に付着しやすいハウスダストやダニなどに怯える必要もありません。
眠りが深くなる
寝ている時に暑さを感じると冷たい場所を求めて寝返りを打ったりします。布団と体の接地しているところは体の重みがかかるので重さによる痛みが出ると痛みから逃れるために寝返りを打ちます。寝返りを打つことはどうしても睡眠が浅くなることにつながり疲労が抜けにくくなたったり。しかしハンモックは背中に熱がこもらりにくく、緩やかに張られたハンモックに寝ることでは体重を分散させ(体圧分散)寝返りを打つ必要がなくなります。
不眠症の方から「揺れている間にいつの間にか眠れるようになった」という声もあります。ゆらゆらが自然に眠りに誘うのかもしれません。
腰痛持ちの人にもオススメ
腰痛を持っている人は寝るときの姿勢によって痛みが出たりします。妙に沈み込むことでカラダが不自然なカーブを描いてしまい、部分的に痛みが出たりなど。それは布団では体圧分散ができにくいこと、腰にとって負担になりにくい姿勢を布団が作りにくいことによります。結局寝返りを打ったり腰の下に小さな座布団を入れて寝たりすることに。ハンモックは腰だけに負担がかからないので腰痛にも優しいです。

メキシカン

ハンモック!
Wikpedia ではハンモックをこう紹介しています。
概要[編集]
丈夫な網または布の両端を纏めて壁や柱、野外では立木の間などに吊して、その上で寝たりくつろいだりする。
両端付近に木の棒を入れて広げて使うとハンモックが丸く身体をくるむようにならず、使い心地がいい。また身体をハンモックの向きに対して斜めにすると比較的背中が曲がらないので寝心地がいい。
艦船の設備として[編集]
ヨーロッパの軍用艦船では16世紀の末頃から、船舶一般でも17世紀には乗組員の寝床として広く普及し、特に軍艦の寝床として第二次世界大戦頃までは多く用いられた。
ハンモックが船舶内での寝床として便利だった理由は、ハンモックは船の左右の運動と同調して動くので、寝ている間に床に落ちたり、床の上を転がっていってしまう危険がないためである。特に帆船が主流だった時代には、帆船は風向きによっては船体が斜めに傾いたまま進むため、常に船内の床が左右のどちらかに傾いている時間が非常に多かった。このため、寝床の水平を保つために必要だった。
しかし、近代的な蒸気走行の船が登場すると、船体は常に水平を保つようになり、ハンモックを使うメリットが減少してきた。そのため、次第に造り付けの寝台(ベッド)が主流となり、第二次世界大戦以降に建造された艦船には装備されなくなった。日本海軍の大和型戦艦では最初から3段ベッド式の寝台を備えている。
防御具とし


日本海軍航空母艦「赤城」の艦橋に固縛されたマントレット
軍用艦船のハンモックは、戦闘時には固く巻いて縛ったものを、艦橋他の露天配置部分の周囲に並べて巻きつけ、「盾」として用いられていた。
これを「マントレット」(英語:mantelet)と呼び、当初は主に接近戦におけるマスケット銃による銃撃からの防護用であったが、艦船用の榴弾が発達した19世紀-20世紀前半には、砲弾の破片の飛散を防ぐための防御具として、露天の指揮所などの周囲に縛り付けて用いられた。
マントレットによる防御は、砲弾の大威力化により防御効果が望めなくなっていったことと、被害を受けた際に着火すると却って被害を広げる原因になるために、第一次世界大戦の後には廃れてゆき、軍艦の寝具がハンモックから固定式の寝台に移行していったこともあり、第二次世界大戦においても日本海軍などで行われていたが、第二次世界大戦以降ではマントレットによる防御を行った例はない。